束縛するモラハラ彼氏を好きになったアナタを救う5つの方法

 

最近話題のモラハラという言葉。あなたはこのモラハラという言葉に出会ったとき、どういう感情を抱きましたか。行き場のない「怒り」、これまでの努力が無駄になった「絶望感」、でも心のどこかで、「ああ、これだったんだ」って少しほっとしたのではないでしょうか。

そして今、モラハラ彼氏の束縛から逃げることのできないあなた。まだ彼氏のことが好きですか。本当に好きですか。束縛から逃げたいのではないですか。大丈夫です。あなたはもうモラハラに気づいています。よく気づけました。気づかなければ何も始まりません。そして、気づいたら次は逃げることです。このままではあなたは幸せにはなれません。逃げるなんてできるの?と思いますが、大丈夫、解決策は必ずあるはずです。

私は束縛モラハラ彼氏のことが好きで結婚し、子供を2人授かり、14年もモラハラ夫と生活をしながら子育てをしてきました。でも今はモラハラ夫の束縛から逃げて、自由で幸せです。あなたもぜひこの記事を読んでモラハラ彼氏の束縛から逃れて自分を取り戻してくださいね

今のあなたの状態はどれでしょうか。あなたの彼氏から受けている状態に合わせて今できる方法を5つ用意しました。

 

身体的DVを受けて束縛されている場合

好きなはずの彼氏に殴られた、蹴られた、切られた、など身体を傷つけられたあなたは一刻も早く逃げるべきですあなたがいくら彼氏のことが好きでも、あなたの安全が一番です。そして見てください。身体のあざ、傷、もしかしたら骨折までしているかもしれません。まずこの現状を目でしっかり確認してください。

彼氏があなたのことが好きで大事に思っているなら絶対にあなたを傷つけることはしませんモラハラ彼氏は自分の暴力をなかったことにしてまたあなたに優しくするかもしれませんが、この異様で不気味な優しさに騙されてはいけません。目を覚ましましょう。そして彼氏の束縛から逃げるのです。彼氏はあなたのことは好きではありません束縛したいだけです。逃げましょう。

逃げる場所はありますか。逃げる場所をまず確保してください。実家、兄弟姉妹の家、友達の家、賃貸アパート、今はシェルターもあります。そして警察に被害届を出して逃げてください。絶対に彼氏に気づかれないようにしてください。気づかれるとDVはひどくなります。もう一度言います。あなたの安全が第一です

ここで束縛彼氏からあなたを救う方法①です。

救う方法① ラッキーと思って逃げる

身体的DVは実はラッキーなのです。なぜなら、目に見えるからです。身体を傷つけられてラッキーというのは少し気がひけるのですが、本当に怖いのは、目に見えないDVです私の場合は目に見えないDVだったので他に助けを求めることができなくて、あざが残るくらい殴ってくれると話は早いんだけど、と何度も思いました。

誰から見てもDVとわかることはある意味、ラッキーなことなのです。被害届も出せます。証拠も残せます。警察もすぐ動いてくれるでしょう。まずはラッキーと思ってください。何度も言います。彼氏はあなたのことは好きではありません。逃げましょう。

 

精神的DVを受けて束縛されている場合

精神的DVとは、暴言を言われる、人格を否定される、無視する、物を投げる、凶器を持ち出すなど、あなたを言葉や態度で威嚇するものです。そしてこれは必ず密室で行われます例えば、彼氏からの長時間にわたる一方的な説教、彼氏にずっと無視される、あなたの目の前でドアを思いっきり閉める、彼氏が台所に行ったときに包丁が怖くなった・・・なんてことはありませんか。これは精神的DVです。あなたの身体には傷はありません。でも心に傷は残るのですたとえ一つ一つは小さなことでも、その傷は確実に大きくなっていくのです。何度も言います。彼氏はあなたのことは好きではありません好きならそんなことはしないのです。

ここで束縛彼氏からあなたを救う方法②です。

救う方法② 日記やボイスレコーダーなどの証拠を残す

特に「日記」はとても効果的です。好きなはずの彼氏にされて「恐かったこと」、「嫌な気持ちになったこと」、「気持ち悪かったこと」など、実際されたことやあなたのその時の気持ちを淡々と書いて残しましょう。日記は証拠を残すと同時に自分のことを客観的に見ることができます。一番嫌なのは、恐い思いをした、嫌な思いをした、にもかかわらずそれがなかったことになることです。自分が実際感じたことをぜひ文章で残してください。

私の場合は、スマホの日記アプリにほぼ毎日記録しました。アプリだと、「今日はどんな日だった?」「今日も待ってるよ!」みたいなメッセージが届くので、続けやすいと思います。「今日のモラハラ」みたいな感覚で残していけると日記を書くのが楽しみになってきます。身体的DVのように傷が残らない分、日記に心の傷とあなたの感じたことを残していきましょう

 

モラハラを受けている場合

モラハラと精神的DVについてまずは整理します。精神的DVについては、あくまでも「彼氏」が(自分の都合で)一方的に行ったことに対してあなたがどう感じたかです。

モラハラの場合はこれに「モラル(=倫理観、道徳意識)」がプラスされます。つまりは彼氏の行動に「世間の行動、見解」が加わって攻撃嫌がらせをするのです。本当は自分が勝手にやっていることなのに、それをあたかも世間もそうだと言わんばかりに世間を味方につけるのです。ここに身体的あるいは精神的DVが加わるとあなたは恐怖で彼氏にマインドコントロールされていき、束縛はエスカレート気づくと逃げられない状態に陥ります。

私の例でいうと、私は結婚もして子供もいたので、夫の精神的DVがあったとしても「妻なら」「母親なら」「家族なら」というモラルと恐怖で少しずつマインドコントロールされていきました。周りから見たら、まさに理想的な家族の姿です。でもモラハラのことを誰にも相談できずにどんどん孤独になっていきました。理想的な家族の姿の裏で、モラハラ夫の奴隷のような生活を送っていたのです。

ここでモラハラを受けている人へ救う方法③です。

救う方法③ モラハラを受け入れて自分は被害者という意識を持つ

私の場合ですが、まず「モラハラ」に関するネット、本を調べつくしました。「共依存」「自己愛性人格障害」などあなたにとってショックな言葉が出てくると思います。でもまずはモラハラをされているということをあなたが受け入れて、悪いのは束縛やモラハラをする彼氏だという意識をしっかり持つことです。

私の場合はJoeさんの「離婚しないモラハラ対策カウンセラー」がとてもよかったです。(結局は離婚の道を選びましたが)

今はネットで、「モラハラ」で検索すればモラハラに関するサイトやブログがたくさんでてきます。もちろん人によって考え方やアドバイスの仕方は違います。自分に合った人を見つけてまずはモラハラというものを知って受け入れて、私は悪くない、被害者なのだという自覚をしっかりもってください。

モラハラの場合、モラハラを受けた人にしかモラハラというものは理解できません。そしてモラハラを受けた人はみんな優しいので(優しいからモラハラにあうのです)自分がモラハラをされているにもかかわらずあなたを助けようとしてくれます。ぜひ自分にあったサイトやブログの人をみつけて、まずは束縛モラハラ彼氏の本性を知りましょう

モラハラ彼氏の本性を知って彼氏への好きという気持ちがなくなったあなたはここで逃げているでしょう。逃げて正解です。何度も言います。彼氏はあなたのことは好きではありません。あなたを束縛して、都合のいいサンドバックにしているだけです。束縛から逃げましょう。

ただ既にマインドコントロールされていて、恐くて逃げれない人もいるでしょう。

そんなあなたを救う方法④です。

救う方法④ モラハラ彼氏と心の距離をおく

実はこれができるとあなたの心がかなり楽になります。最初は難しいと思いますが、モラハラを調べてモラハラというものを知ったあなたなら必ずできます。やってみましょう。

まずはモラハラ彼氏への反応を少しずつ減らしていくことです。モラハラ彼氏はあなたが怖がっている、困っている、嫌な気持ちになっているという姿を見るのが好きなのです。反応をだんだん薄くして彼氏がモラハラをできなくするようにするのです。

あと、あなたが今まで当たり前のように彼氏にしてあげていたことを少しずつやめていくのも効果的です。あからさまにやると逆切れしてDVに発展する危険があるのであくまでも徐々にです。そうして束縛するモラハラ彼氏との心の境界線を徐々に広げていくのです。

私の場合はモラハラ旦那のためにしていた家事を少しずつ減らしていきました。旦那が好きなものを(わざと)買い忘れる、旦那の洗濯物を(わざと)たたまない、旦那のゴミを(わざと)捨てない、などでしょうか。何か言われたら、「あ、ごめん、忘れちゃったね」ぐらいに返せることから始めるといいでしょう。少しずつモラハラの束縛から解放されます

そうして束縛彼氏のマインドコントロールから少しずつ抜けだし、あなたがモラハラをかわせるようになると、モラハラ彼氏もあなたを束縛しにくくなります。徐々に自分を取り戻すことができるのです。

あなたは自分を取り戻しつつあります。さあ、あなたはどうしますか。それでも彼氏が好き、私なら彼氏のモラハラを治せるかもしれない、と思ってそのまま一緒にいますか。それとも強い意志をもってモラハラ彼氏から逃げて、新しい世界へ一歩踏み出しますか

ここであなたを救う方法⑤です。

救う方法➄ あなたの未来を作るのはあなた自身

私は配偶者DVセンターや子供アシストセンターにも何度も助けを求めました。でもいくらDVだと言っても、傷が目に見えないため周りが積極的に助けてくれることはありませんでした。最後はいつも、あなたはどうしたいですか、で終わりです。

身体的DVは命がかかっているのですぐに逃げるべきですが、精神的DVは逃げなくても命はとりあえず大丈夫です。モラハラ彼氏と心の距離をおければ共存も可能です。モラハラ彼氏の束縛から逃げるか逃げないかを決めるのはあなたなのです。

私は逃げることを選びました。そして今、モラハラの束縛から解放されて、自分の好きな人と好きな時間を過ごせてとても幸せです。幸せは、結婚や彼氏がいることではありません。好きな人と笑顔で時間を共有することなのです。

 

まとめ

「束縛するモラハラ彼氏からアナタを救う方法」をまとめると、

  1. 一刻も早く逃げる
  2. 日記など、証拠を残す
  3. モラハラを知って自分は被害者という意識をもつ
  4. モラハラ彼氏との心の距離をおく
  5. あなたの未来をどうするかはあなた次第

となりました。

まずは今のあなたの状況にあった対処方が大事だと思います。あなたの幸せのために今できることから始めてみましょう。日々の小さな前向きな行動があなたを救います。モラハラ彼氏の束縛から心身ともに解放されるよう応援しています。

 

△ △ △ △ △ △ △ △

Alain (アラン)

今回の記事はあなたのお役に立ちましたでしょうか?

サイトプロデューサーの私、Alain (アラン)が体験した「思考は現実化する」という法則をもとに、このサイト記事は情報を提供しています。

あなたが記事を読むだけで終わるのではなく、今すぐ人生を変えることができる【マインド・セット】をお伝えします!

あなたに必要な記事を読む!

マッチングアプリで彼氏ができない女子の理由とは?【5選】

2019年8月7日

【不安!彼氏が浮気してるかも】彼氏が浮気した時の対処法とは?

2019年7月3日

【診断つき!】彼氏ができないアラサー女子の特徴8つを紹介

2019年8月11日

【女子必見!】彼氏が浮気を隠す言い訳ランキングベスト5

2019年7月2日

彼氏ができない!疲れたアラサー女子にオススメの癒し方

2019年8月5日

彼氏が浮気するリアルな夢は何かの前兆?意味を知りたい人必見!

2019年6月25日

自分の未来をちょっと覗いてみませんか?

将来がどうなるか知りたい、彼氏の本音を知りたい……。

不確実な人生で、少しでも信じられる「ヒント」があればどれほど楽でしょう。

その「ヒント」をもとに自分で人生を歩んでみませんか?

人生の浮き沈みを生き抜いてきた先輩たちのヒントを聞いてみませんか?

あなたは人に頼ってもいいんですよ。さぁ、肩の荷を降ろしてくだいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です